国学院久我山バスケオフェンスDVD【酒井良幸監修】体験談と3つの特徴

国学院久我山バスケオフェンスDVDの体験談

 

バスケットボールで、
「他のチームよりオフェンス力がないので試合に勝てない」

 

「動き方がわからず、何をすれば得点力を伸ばせるのか練習方法が知りたい」

 

なんてこと、ありませんか?

 

 

そんな中学や高校のバスケットボールの選手や指導者の方に、技術の向上はもちろん、より強いチーム作り、戦術の参考にもなるウルトラおすすめな強豪校のバスケDVDを体験をまじえてご紹介しますね。

 

【國學院久我山流】インサイド起点のハーフコートオフェンス
指導・監修:國學院大学久我山高校バスケットボール部 酒井良幸監督
商品内容:DVD2枚組(Disc1:101分,Disc2:89分)
価格:18,700円(税込)※別途送料540円
販売元:株式会社トレンドアクア

 

>>国学院久我山バスケオフェンスDVDを公式サイトで今すぐチェツクする<<

 

 

選手を活かすも殺すも指導法しだい(体験談)

 

実は私も中学のときにバスケットボール部に入っていました。
その時の顧問の先生のことが今でも忘れられません。

 

その先生は、「なぜできないんだ?」と言う言葉を一度も言わず、なぜできないか、できるようになるための方法を追求していくという指導でした。

 

考えれみれば、「なぜ?」を追求し解決しなければ、次に進んでも同じ過ちを繰り返すことになってしまうんですね。 

 

 

本当にチームが「得点を量産するオフェンス」ができるよになるためには、体とオフェンスの仕組みを理解すること。

 

必要な筋肉や身体の動かし方から学べば基礎オフェンスが上達する。

 

体の仕組みを理解することで、一人ひとりに無駄のない個人スキルが身につき、オフェンスの基本をチームの共通認識とすることで、「得点を量産できるオフェンス」の基礎を作り上げることができるんですね。 

 

 

バスケットボールのプレースタイルや戦術などは日々進化していますが、基本技術はかわりません。

 

基本が備わってこそ、次のステップに繋がっていきます。

 

選手がオフェンスで得点できない、インサイドにパスが通らないなど、選手の能力やセンスに頼るではなく、その前に自分の指導法に問題があるのではないかと考えてみることが大切なんだ。そう改めて気づかされました。

 

国学院久我山バスケオフェンスDVD(インサイド起点のハーフコートオフェンス)とは?

国学院久我山バスケオフェンスDVD

 

国学院久我山バスケオフェンスDVD(インサイド起点のハーフコートオフェンス)というのは、選手としても監督としても何度もインターハイ出場を経験している実績がある強豪校の國學院久我山高校バスケットボール部 酒井良幸監督が監修したバスケットボールDVDです。

 

インターハイ常連校の強豪校の強さの秘密である練習方法や指導法がわかるんですね。

 

バスケットボールは、毎日行っていることがそのままコートに反映するスポーツ。

 

 

パスをしたあとに動くことは、チームオフェンスの基本。
パスを味方に送って終わりではなく、その後いかに攻撃につなげていくかを考えて動く必要があります。

 

それだけにオフェンスにおいても基本動作や考え方をしっかり身につけ、それを習慣にしてコツコツ続けることでオフェンスの基礎が高いレベルで実現できます。

 

国学院久我山バスケオフェンスDVD(インサイド起点のハーフコートオフェンス)は、

●他のチームよりオフェンス力がない
●攻撃センスがない
●何をすれば得点力を伸ばしてあげられるか分からない
●インサイドにパスが通せない
●ディフェンスにシュートブロックをされてしまう
●なぜそのように動くのか?が分からない
●色々な教材を試しても、成果が見られない

このような悩みがある選手や指導者の方に向けて作られたバスケDVDです。

 

国学院久我山バスケオフェンスDVDの内容を見て取り組めば、コロナ渦の中で練習が思うようにできない現在においても、きっとあなたのチームも相手ディフェンスを打ち破って得点を取れる強いチームに生まれ変われますよ。

 

国学院久我山バスケオフェンスDVD(インサイド起点のハーフコートオフェンス)の特徴は?

国学院久我山バスケオフェンスDVD(インサイド起点のハーフコートオフェンス)の特徴

 

国学院久我山バスケオフェンスDVD(インサイド起点のハーフコートオフェンス)で、私は次の3つの特徴大切さを考えさせられました。

 

監修者(強豪校監督)のスバ抜けた指導実績
インサイド起点のオフェンスのコツがわかる
強豪校の選手たちが何を意識しているか、思考回路まで解説した収録内容

 

特徴を一つひとつ書いていきますね。

 

 

@強豪校監督のスバ抜けた指導実績

 

國學院久我山高校といえば、インターハイ常連のバスケをやっている人なら誰も知る強豪校。

 

堅いディフェンス、インサイドを軸としポイント確率の高いオフェンスを展開するバスケスタイル。

 

このバスケDVDを監修・指導をしている酒井良幸監督は、高校生時代にはインターハイに出場し、卒業後は日本体育大学バスケ部の1軍トレーナーとして活躍し、4年間でインカレ優勝2回、準優勝2回されいるんですよ。

 

 

その後、國學院久我山高校バスケ部監督としてインターハイ出場8回、ウィンターカップ出場を3回経験。
このように選手としても監督としても、ズバ抜けた実績があります。

 

これまでに酒井監督が育て上げた選手の中にはプロバスケットボール選手のウィタカ ケンタ選手や、高校U16日本代表国体キャプテンの石坂悠月選手、国体選手の石水鴻選手や柳田 大斗選手など、そうそうたるメンツがいますので、その指導や練習方法が効果的なのは間違いないと言えると思います。

 

 

Aインサイド起点のオフェンスのコツがわかる

 

バスケットボールはインサイドプレーが勝敗に大きく影響します。

 

アウトサイドと違い、インサイドではノーマークでもらえることは少ない。

 

そこでシュートを打つときに大事なるのがボールをもらう前からの動きなんですよね。

 

 

何故なら、ボールをもらっからでは、スピードない状態から動き出すことになり、オフェンスの優位性がなくなってしまうからです。

 

その為、ハイポストに移動しながらパスをもらったり、自分でスピードをつけるなど、相手と差をつけることが重要。

 

この国学院久我山バスケオフェンスDVDは、インサイドの起点のオフェンスに焦点を当てて、動き方などの状況に応じて攻め方のコツがわかりやすく解説してあります。

 

 

国学院久我山高校は、インサイドの攻守においては、全国トップクラスなので、トレーニングの仕方などを映像で学べるDVDは大変貴重です。

 

 

B強豪校の選手たちが何を意識しているか、思考回路まで解説した収録内容

 

強豪校がどんな練習をしているのか、ってバスケをしている選手から指導者の方まで知りたいことですよね。

 

ですが、そう難しいことはしていないんですよ。
強豪チームこそ基本を大切にして、少しずつステップアップしています。

 

例えば、ローポストの3対3の練習をしても、失敗なく自然に行えていたりするのですが、これはきちんとプレー自体を理解しているからです。
同じ基本練習をしても、質の高い練習ができているかどうかが、試合に現れるものです。

 

 

さらに、DVDの内容以外に私がいいと思ったのはサポート体制が充実していることです。

 

購入者特典として、個別メールサポートや180日間の返金保証がついているんですよ。

 

DVDの内容はとてもわかりやすくなっていますが、個々の選手のレベルや体格なども違いますから、「こんな時にどうすればいいの?」という悩みや疑問は必ず出てきます。

 

 

回数無制限のメールサポートがあることで、インターネットとは言え酒井監督から個別指導のようなこともしてもらえ、より効果的にオフェンス強化が出来たり、指導の悩みや苦手なプレーを解消することが出来るんです。

 

しかも、返金保証も付いているので、安心して取り組めるところも良いなって思いました。

 

ちなみに、返金は下記の3条件を全て満たした方になります。

1.購入日から90日〜180日以内に連絡をいただいた方
2.期間内にメールサポートを5回以上利用した方
3.過去に弊社商品購入後、返品返金特典を利用したことがない方

 

条件も厳しくないので、まずは試してみるというスタンスでもいいかもしれないですね。

 

>>国学院久我山バスケオフェンスDVDを公式サイトで詳しくみる<<

 

【國學院久我山流】インサイド起点のハーフコートオフェンスの口コミ・評判

 

(久我山高校OB(プロバスケットボール選手))
高校の3年間ではディフェンスの基礎とインサイドプレーを多く学び今の自分のプレーのベースとなっています。
久我山では「堅守考攻」の考えを元に多くのディフェンス練習そしてハーフコートバスケットの練習を行なっています、これはどのようなスタイルのバスケットにも応用できるものだと自分は思いますし、高校時代に学んだ考えてバスケをするということは今でもポジショニングやオフェンスのスペーシングに活きています。
酒井先生からはプレー面はもちろんメンタル面においても多くのことを学びました。バスケだけではない日々の生活や心のあり方などは大学時代、そしてプロになった今でも生活の中にあらわれていて今の自分を形成していると思います。 このように多くのことを教えていただいた酒井先生のDVDを是非各チームの練習に取り入れてみてください。

(久我山高校OB Tさん)
センター陣各々の面張りのコツから、ダブルセンターを起用した際の多種多様なオフェンスバリエーション、アウトサイド陣との連携など、内容盛り沢山のDVDになっております。アウトサイド主流のバスケ界の中、インサイドの安定感は中盤、そして終盤でカギになることが極めて多いです。全国の第一線を経験したOBとして、そのようなことを思うことは多々ありました。こちらのDVDではそのような闘いを勝ち抜くためのノウハウを惜しみなく詰め込みました。是非、観て頂いてご自身のチームの戦力底上げに活かして下さい。

引用元:【國學院久我山流】インサイド起点のハーフコートオフェンス公式サイト

 

まとめ

国学院久我山バスケオフェンスDVD【酒井良幸監修】体験談まとめ

 

酒井良幸監督監修の【國學院久我山流】インサイド起点のハーフコートオフェンスの指導や練習法を取り入れれば、オフェンス力がない選手やチームでも、効率よく個々の選手のレベルアップがはかれ、強いチームにすることが期待できます。

 

何故なら、全国屈指の強豪校の強さの秘密である指導法や実戦的な練習方法、トレーニング方法がわかるからです。

 

強豪と言われるチームがなぜ強いのかというと、選手一人ひとりが考え方やオフェンスの動き方などの基本がしっかりできているからに他ありません。

 

 

あとはその応用と、相手ディフェンスによって、いかに考えてプレーするかどうか。
基本ができてチーム内の共通理解があれば、そのチームの個性を活かした独自のオフェンスシステムを作ることもできるはず。

 

あなたがインサイド起点のオフェンスのちょっしたコツを掴むだけで結果に大きな変化があります。

 

仮にその違いがわずかなものだったとしても、先に進むにつれてその開きは、あとから埋めれないほどの大きな差になって現れます。

 

 

これまでに酒井監督が指導された教え子には、プロで活躍している選手や高校U16日本代表国体キャプテンなどそうそうたる選手がいますから、その指導方法や練習方法が効果的なのは間違いありません。

 

つまりコロナ渦の現在においても、圧倒的時間を短縮しながら上達でき、強いチームにすることができるということです。

 

体が小さいとか、才能がない、センスのある選手がいないからとか言い訳にして、小手先の練習メニューや指導法に頼る前に、早速いま、【國學院久我山流】インサイド起点のハーフコートオフェンスを試してみませんか?

 

今回ご紹介したバスケットボール強豪校のオフェンスDVDはこちら。

 

\今なら180日間の返金保証&個別メールサポート付き!/

 

ページの先頭へ戻る